Sitemap 中でもとりわけデンタルインプラントには工学を感じる。歯というものの特殊性から実際工学的な要素が必要だからだろう。何せ歯は硬い。体中のどこよりも硬く、どの部分と比べても異質だ。皮膚や内臓を相手にしいてる際には全く必要のない工具のような治療機器が必要になる所以だ。その歯のイミテーションを作ろうという段なってはもう工学以外の何者でもない。さらにインプラントにはネジ穴まである。ネジで連結する方式は生命の印象と対極にあると感じる。